施設などの入所・入居の支援、相続、成年後見制度や生活保護申請等の総合サポートを行います。

成年後見制度とは

判断能力が衰えている人と、その人が持つ権利などを守るための制度です。家庭裁判所が関わります。

任意後見制度

判断能力のある段階で「任意後見契約」を行い、「任意後見人」を決め、その人が医療関係の対応や金銭管理を代行する、法的に定められた制度です。判断能力が低下してしまう前に契約を済ませておくことが重要です。

法廷後見制度

法廷後見制度は精神障碍者・知的障碍者・認知症高齢者などの判断能力が低い方を守るために作られた制度であり、「任意後見制度」とは違います。一昔前までは法廷後見人は夫(妻)が務めていましたが、今では複数選任することが可能となっています。精神障害・知的障害をお持ちのお子様がいる方にとっても、安心できるシステムでございます。

福祉基金制度とは

生活保護受給者や、行政ではサポートできない生活困窮者を対象とする特別支援制度です。
「安らぎ」では福祉基金を設け、ご家族・ご親類がおらず預貯金もほぼない方などの【福祉基金サポート】をしております。
※まずは審査を行わせていただきます。審査結果次第ではご利用になれませんのでご了承ください。

PAGE TOP